吹き出物

ニキビの種類いろいろ

単にニキビと称される、顔や他の部位にできるブツブツは見た目的にもあまりいいものではないので、何とか綺麗にしたいと、色々と試してみるのですが、その自己処理がかえって肌にダメージを与えている場合があるので、注意が必要です。
ニキビには段階があるので、それらに応じたケアの仕方が必要があります。
それぞれの段階において、ニキビには名前がつけられ区別されています。
そこで、これらの段階による種類について、考えてみましょう。

先ず白ニキビとは、初期段階で、閉じた毛穴に湿疹が出来て、毛穴には皮脂がたまっている状態で、色的にも普段の肌色とあまり変わりがないので、ニキビであるとは気づかないかもしれません。
次に、赤ニキビですが、その名の通り、赤い発疹がぽつぽつと出てくる状態で、皮脂分泌が異常に出る為、皮脂を餌としているアクネ菌も又、増殖することによって、炎症を起こしやすくなっていると言えます。
アクネ菌が増えてしまうと、毛穴が膨らんできて、跡になりやすくなるので、そうなる前にしっかりとケアする必要があるのです。

赤ニキビの炎症が進んでしまうと、黄ニキビとなって、膿が出やすくなり、盛り上がった状態になっています。
この状態になってしまうと、さらに跡になりやすくなるので、こうなる前にケアする必要がありますし、この状態でも放置していると、角質と混合物が酸化を起こし、黒くぽつんぽつんとした状態になって、自分の力ではどうにもできずに黒ニキビと化してしまうので、注意が必要です。
色別に段階化されたこれらの種類は、進行状況を知ることになるので、まだ小さいうちからきちんとしたケアをしておくことをお勧めします。
最終的な黒ニキビになってきてしまった場合、自己治療を行わずに、きちんと医療機関での治療を行うことも、治す意味で大切な要素と言えるでしょう。
膨らんで目立つからと、潰してしまう人がいますが、その傷口から炎症を起こし、益々肌の状態は悪くなってくるので、くれぐれも膨らみを潰すことが無いようにしましょう。

Copyright(C) 2013 一番悩まされる肌の悩みを解消 All Rights Reserved.