吹き出物

思春期ニキビの原因って?

ニキビには様々な種類がありますが、大きく分けると、10代の多感な時期になりやすい思春期ニキビと、20歳を過ぎた頃から発生する大人ニキビがあります。
では、思春期ニキビとはどんなもので、何が原因なのでしょうか?
先ず、思春期ニキビは、まだ成長していない状態でのホルモンバランスの不安定さが原因とされており、多感な時期なので、学校のこと、恋愛のこと、不規則な生活等で、自律神経を乱してしまい、そこからホルモンバランスを崩してしまうのです。

そうなってしまうと、肌への状態に直に作動してしまい、ブツブツニキビが出来やすくなります。
最近では、治療薬等も多く販売されているので、そういったものを使うと良いのですが、一番基本的なことは、洗顔で、しっかりと皮脂汚れを取り除いて、肌の状態を綺麗に保ってあげることが、思春期ニキビを改善出来る方法と言えるのです。
それも、ごしごし洗うのではなく、優しくきめ細かい泡の力で、手の腹を使って、円を描くようにマッサージをしてあげること、それこそが、ニキビ治療、そして新たなニキビを作り出さない為の予防法と言えるのです。

勿論、その後は、肌はとてもデリケートになっていて、刺激に対して弱くなっているので、保湿ケアを十分にしてあげること、パックでしっかりと毛穴に蓋をしてあげること、これで外部からの刺激に対するダメージを抑えることが出来るのです。
洗顔はこまめにやった方がいいとは言いますが、あまりにこまめにやりすぎると、肌への負担が増えるので、一日2回程度で、後はニキビ治療薬等を併用することで、相乗効果が生まれて、肌の状態はみるみるうちに綺麗になってきます。
元々若い肌ですから、すぐに回復力は強く、大人になれば消えてしまうので、そう問題はなく、深く考えずに、コンプレックスにならないように、基本的なケアを心がけていきましょう。
勿論、普段の食生活の乱れも影響してくるので、好き嫌いが激しい偏食の人は、出来るだけ嫌いなものを食べるように努力してみましょう。

Copyright(C) 2013 一番悩まされる肌の悩みを解消 All Rights Reserved.