吹き出物

ニキビの場所でわかる健康状態

若い頃に出来るニキビ思春期ニキビというのに対し、ある程度年齢を重ねてから出来るものを大人ニキビと言いますが、これらはただ単に発生する嫌なものではなく、何か内臓系の健康状態を教えてくれている予兆のようなものの場合がありますので、出来てしまって嫌だ、ではなく、もしかしたら、大病の前触れかもしれませんから、病院へ行くことをお勧めします。
「たかがニキビで病院?あり得ない」と考える人もいますが、そのたかがニキビが、思わぬ事態を待ち受けているかもしれないのです。
例えば、頬骨の上に出来るものは、副腎機能が低下しているそうで、女性であれば、生理不順が影響しているようです。

それから頬は、脂身や糖分の多いものを食べ過ぎた際に出来やすく、又便秘にもなりやすいとされています。
又、腸機能が崩れていたり、カルシウム不足であったり、貧血ぎみであったりと様々な不調が出てしまいます。
おでこの辺りに出来る場合は、生活習慣が乱れているというサインであり、睡眠不足の方に多く出やすい箇所です。
あごニキビはホルモンバランスの乱れが関係しています。

そして、鼻に出来るものというのは、ストレス過多や疲労感、睡眠不足が関係しているそうで、鼻の部位の中でも鼻の下に出来るニキビは、内臓が弱っている可能性があるので、夜更かしが原因かもしれませんが、あまりに酷い時には内科を受診してみてください。
そして、よく出来る部位としては、口周りがあり、胃腸器官が弱っていたり、ビタミンB群が不足している場合もあり、冷え性や月経周期が乱れている場合もあるので、注意が必要です。
首辺りに出来るニキビは、婦人系の病気や紫外線の影響があります。
このように、ニキビは、出来る箇所によって、健康状態が分かるので、自分はどこが弱っているのか、しっかりと見極めてみましょう。
早い発見が、もしかしたら、大病予防に繋がるかもしれないので、是非毎日、肌ケアを心がけ、ニキビが出来た際には、早めに治療しておくようにしましょう。

Copyright(C) 2013 一番悩まされる肌の悩みを解消 All Rights Reserved.