吹き出物

ニキビと吹き出物の違い

美容において、気になるのが、ニキビですが、同じような症状で、吹き出物があるのですが、これらは一体何が違うのでしょうか?
同じようなニュアンスのようですし、同じものという考え方の人もいます。
同じような考え方の人は、ニキビは10代のもの、吹き出物は、20歳を過ぎてからの大人がなるものという考え方が強いようです。

実際に、ニキビも吹き出物も同じものという考えが美容業界にもあり、その違いについては曖昧なのですが、大体の境界線として、思春期があります。
10代の頃は、まだ成長期である為、ホルモンバランスが崩れやすく、ホルモンも活発に働く為、皮脂分泌も盛んに行われていますが、これをこまめに取り除かないと、皮脂が毛穴に詰まって、炎症を起こしてしまうのです。
これが思春期ニキビと言われるものです。

特に悩む必要も無く、ある年齢になれば、自然と治ってくるのですが、やはり見た目を気にする年代ですから、とても深刻になってしまいます。
一方、吹き出物の方ですが、20歳以上から出来る大人ニキビのことで、放置していると治りませんし、下手にケアしようとすると、余計悪化してしまう可能性が高いので、正しいケア方法を知っておく必要があります。
どちらも、先ずは基本である肌を清潔にしておくこと、お風呂に毎日入ったり、洗顔をこまめに行う、しかし大切な皮脂というのも肌には必要なので、軽く優しく洗顔することと言ったコツが必要です。
勿論、そのままの状態を放置していれば、当然肌の状態は悪くなる一方であり、他の部位に転移してしまう可能性もあるので、ニキビが出来る前の予防から、ニキビについてしっかりとした知識を得ておく必要がありますね。
ニキビと吹き出物は同じものですが、ニキビは思春期のこれから成長する為のホルモンバランスの崩れ、吹き出物は、大人になってからの様々な要因が絡み合って出来た大人ニキビであるということを十分知った上で、正しいケアをしていきましょう。

Copyright(C) 2013 一番悩まされる肌の悩みを解消 All Rights Reserved.